自ら行動する社員、職場のルールを守る社員へ。「パフォーマンス・ルールブック」のオフィスネアルコ

お問い合わせ
トップページへ良くあるご質問

メルマガバックナンバー

2009.11.10 vol.4

◎単発を選びますか?それとも継続を選びますか

 

こんにちは、オフィスネアルコの榎本淳司です。
先日の土曜日に、久しぶりに会う友人とお酒を交わしました。

「仕事順調?」

みたいなことを私が聞くと、

「いや、会社なくなるんだよ」

という衝撃的な発言が飛び出しました。

その後、仕事柄そこらあたりは専門家ですので、色々とアドバイスへ・・・。

普段は、経営者目線が売りの私ではありますが、
そのときばかりは、少しでもその友人の役に立ちたいという気持ちになっていました。

・・・悩ましいですね。

ただ、これからも「経営者の見方」であるスタンスは、一切変えません!
それが私の使命だと決めて、この仕事をやっていますので。

さて、今日のテーマは、

◎「単発を選びますか?それとも仕組みを選びますか?」

を取り上げますね。

これ、非常にポイントです。
同じお金をかけるのであれば、より有効的なものを選ばねばなりません。

大事なお金を、無駄にしてしまっては絶対ダメですよ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2009.11.10━

人事マネジメントメルマガ ★行動を増やせ。それが成功への王道★
-- 目次 -- 
◎知っておかないとクイズ ・日本航空【JAL】に、労働組合はいくつある?
◎メインコンテンツ    ・単発を選びますか?それとも継続を選びますか?
◎人事オススメ本     ・【経営の見える化 小山 昇 著】
◎近況報告        ・ビジョンの無い社労士

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.4━

------------------------------------------------------------------------
  【ビジネス知っておかないとクイズ】日本航空【JAL】に、労働組合はいくつある?
------------------------------------------------------------------------

【Q】今冬の賞与を支払わないことに決めた、最近話題の日本航空。
    赤字の原因のひとつに、年金も含めた支払いの問題がよく取り上げられます。
    さて、これらの条件改変のために、会社が交渉をしなければならない相手、労働組合。
    日本航空の労働組合の数、いったいいくつある?

   1. 6組合
    2. 7組合
    3. 8組合

答えはメルマガの最後にお伝えいたしますね。

------------------------------------------------------------------------
  【メインコンテンツ】単発を選びますか?それとも継続を選びますか?
------------------------------------------------------------------------

さて、貴社にご質問です!
今、あなたは次のように悩みがあったとします。

「どうも、社員のモチベーションが上がらない・・・」

「みんなもっと頑張ってくれてもいいはずだが・・・」

人事の育成予算として、100万円あったとします。
これを自由に使えます。

何に使いますか?

さて、ちょっと考えてみてください。

 

・・・インセンティブ?

・・・講師を呼んで研修?

 

と、答えた方。
残念ながら、それはお金を捨てているだけです。

いえ、多少の効果は、1~2ヶ月ぐらいの間ならあるかもしれません。

しかし、インセンティブやら研修やらで、一時的にモチベーションがあがっても、
すぐに元に戻ってしまいます。
その確立99%です。
これには自信があります。

・・・なにせ、人事部にいたときに沢山失敗してきましたから。

コンサルタントの手法にだまされないでくださいね。

たとえば、研修前に従業員からアンケートを取って、研修後にもアンケートをとって、

「モチベーションが上がったという意見がこれだけ増えました!」
「成果が出ました!」

などというケースが多いのです。

そんなの当たり前ですよね。
懸命な経営者・幹部のあなたならお分かりかと思います。

で、お金を支払った後、1~2ヶ月したら元に戻ってしまっている。
これを「お金を捨てている」と言うのです。

「単発」で終わってしまって、その後リセットなのです。

ぜひ、最初に業績につながるような「仕組み」を作って下さい。
それは、制度とその運用ノウハウです。

自社で行えば、100万もかかりません。

最初の何回かは、業績につながらなかったり、社員のモチベーションアンケートの
結果が悪かったりするかもしれません。

しかし、仕組みが回りだしたら、単発ではなく継続していきます。
何年も、です。

インセンティブや研修は、人事施策としてやっている企業がとても多いです。

ただ、予算の消化と「やった」気になっているだけで、単発に終わってしまって、
何の効果も上がらないことが往々にしてあります。

お金を捨てるようなことのないよう、本当に効果のある人事施策は何か---

ぜひ、間違えないようにしてください。

------------------------------------------------------------------------
  【人事オススメ本】「経営の見える化」 小山 昇 著
------------------------------------------------------------------------

株式会社武蔵野の小山 昇さんの著書です。

今かなり売れている本でもあります。

小山さんの主張は、「人」ではなく「仕事」に改善の仕組みをつけるというもの。
その考え方に非常に共感を持っています。

特に、行動や成果は測定できるものにする、という点は本当にその通りです。

実際に数字が良くなる改善策を集中的に取り組んでいく。
数字が変わらないものは、早めに別のものに変える。

工場などでは当たり前の改善策を、ホワイトカラーに適用しているだけなのですよね。

これからの日本の人事は、このような手法が中心になってくると確信しています。

 

「クレームを見える化する」
「粗利益額を見える化する」
「社員の頑張りを見える化する」
「社長のキャバクラ通いを見える化する」等々

 

・・・・・・・最後のはちょっと(笑)

本当の話みたいですが。

------------------------------------------------------------------------
  【近況報告】社労士のセミナーを受けてきました。
------------------------------------------------------------------------

昨日は、100名以上が集まる、社労士の人事コンサル向けのセミナーを受けてきました。
そこで最初に講師の方が、次のような質問を投げかけてきたのです。

Q1.「なぜ人事コンサルをやるのですか?20秒ぐらいで伝わる言葉で、意義を教えてください。」

Q2.「何のために人事制度をつくるのですか?
  ありきたりではなく、インパクトがある答えを、これも20秒ぐらいで答えてください。」

・・・多くの受講者が答えられませんでした。(白紙)

これらのことがすぐに答えられるかどうかで、そのコンサルに任せるかどうか、
お客様は判断するとのこと。

幸い、私はちょうどビジョンを作成したあとだったので、すぐに答えられました。
内容も、今取り組んでいることが間違いではない、ということが確信できたセミナーでした。

上記のQ1、Q2が聞きたいという方が、もしいらっしゃいましたら・・・!

・・・お問い合わせください(笑)

info@nearco.jp

丁寧にお答えいたします。

 

------------------------------------------------------------------------
  ※ビジネス知っておかないとクイズの答え
------------------------------------------------------------------------

【Q】今冬の賞与を支払わないことに決めた、最近話題の日本航空。
    赤字の原因のひとつに、年金も含めた支払いの問題がよく取り上げられます。
    さて、これらの条件改変のために、会社が交渉をしなければならない相手、労働組合。
    日本航空の労働組合の数、いったいいくつある?

【A】3. 8組合

新聞やマスコミでは「7」労働組合といっているケースが多いので、
間違ってしまった方もいるのでは??

実は、良好な労使関係の会社側1組合、そうでない反会社側7組の合計8組合なのです。

パイロット、整備士、客室乗務員などの業務別に加え、合併等で複雑になった結果が、
現在の問題を引き起こしている部分もあるのです。

大手は大手で大変ですね・・・。

 

人事マネジメントマガジン ★行動を増やせ。それが成功への王道★

最後までお読みいただきありがとうございました。

これからも経営者のために、役に立つ人事マネジメント情報を発信していきます。
見逃がすと損する?本音の情報で進んでいきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 人事労務コンサルティング オフィスネアルコ
■ 発行人:  代表 榎本 淳司(えのもと あつし)
■ オフィスネアルコWEBサイト:< http://nearco.jp/ >
■ ルールブックが会社を変える!:< http://rulebook.jp/ >
■ E-MAIL:< info@nearco.jp >
※ 社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
   ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記してください。
------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除・アドレスの変更は、ご自身でお願いいたします。
http://www.rulebook.jp/lp_rulebook/touroku.html
------------------------------------------------------------------
★榎本淳司のブログはこちら
  「オフィスネアルコの毎日がパフォーマンスマネジメント」
http://ameblo.jp/nearcoblog/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

行動を増やせメルマガバックナンバー

  • 行動を増やせメールマガジン
    お名前
    Mail
    ルールブック紹介ムービー


  • パフォーマンス・ルールブックとは?
  • パフォーマンス・ルールブックに盛り込む内容
  • パフォーマンス・ルールブックの活用方法
  • 就業規則の落とし穴とは?
  • 就業規則の真の役割とは?
  • パフォーマンス・ルールブック+就業規則で最大の効果

  • オフィスネアルコ概要
  • 社会保険労務士業
  • ご契約までの流れ
  • お問い合わせ
  • 人事労務コンサルティング・オフィスネアルコ
  • オフィスネアルコの毎日がパフォーマンスマネジメント