自ら行動する社員、職場のルールを守る社員へ。「パフォーマンス・ルールブック」のオフィスネアルコ

お問い合わせ
トップページへ良くあるご質問

メルマガバックナンバー

2010.03.17 vol.23

◎「正しいルールの作り方 第ニ回」


いつもありがとうございます。
人事労務コンサルティング、オフィスネアルコの榎本淳司です。

まずは予告から!

ルールブックCDがついに完成いたしました。

その名も、
「社員の行動を劇的に変化させる5つの方法」
~正しいルールブックの作り方~

です。

そして、このCDをプレゼントする企画を考えています!

今回、いつもメールを読んでくれている方のみへの案内。
2~3日中に、ご案内のメールをお送りする予定です。

詳しくはメール終りの近況報告にて、お伝えいたしますね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2010.3.17━

人事マネジメントメルマガ ★行動を増やせ。それが成功への王道★
-- 目次 -- 
◎知っておかないとクイズ ・農業のディズニーランド、サイボクハムの施設とは?
◎メインコンテンツ    ・正しいルールの作り方、第ニ回。
◎人事オススメ本     ・『なぜか仕事がうまく行く人の習慣』
◎近況報告        ・ルールブック対談CDが完成いたしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.23━

 

------------------------------------------------------------------------
  【ビジネス知っておかないとクイズ】・農業のディズニーランド、サイボクハムの施設とは?
------------------------------------------------------------------------

【Q】 埼玉県日高市にある従業員570名、売上高67億円という国内屈指の牧場、
     「株式会社埼玉畜種牧場」通称「サイボクハム」
     この会社が、道路からすぐの玄関脇の一等地に、
     こだわりをもって設置している施設とは?

1:お墓
2:トイレ
3:社長宅

 

答えはメルマガの最後にお伝えいたしますね。

------------------------------------------------------------------------
  【メインコンテンツ】・正しいルールの作り方、第ニ回。
------------------------------------------------------------------------

前回に引き続き、正しいルールブックの作り方をお届けです。
前回は、ルールブックに盛り込む内容は、次の3つということをご紹介しました。

・会社の業績を上げるルール
・行動を増やす仕組み
・職場での守るべきルール

そして、この中で生み出すのが大変なのが、「会社の業績を上げるルール」です。
この「会社の業績を上げるルール」は、コンサルティングに入らせていただくとき、
次の5ステップで行う、というところまで、前回お伝えしたのでした。

1:現在会社にある様々な問題点、それをできるだけ多く書き出してもらう。
   (ポストイットを使う)
      ↓
2:それを、問題→改善転換シートをつかい、改善へと考えを切り替える。
   (転換シートを使う)
      ↓
3:改善点をまとめて見直してみて、何が業績を変える確率が高いか、仮説を立てる。
   (ターゲッティング作業)
      ↓
4:いくつかの仮説に対し、社員が取るべき望ましい行動を考えて行く。
   (行動分析シートを使う)
      ↓
5:望ましい行動を「ルール」化し文章にする。

 

今回は、これをもう少し細かく、具体的にお伝えして行きますね!

まず、

1:現在会社にある様々な問題点、それをできるだけ多く書き出してもらう。
   (ポストイットを使う)
     
です。
「ルールブック作成プロジェクト」が立ち上がるときは、そのメンバーでこれを最初に行います。
経営者の方のみの場合は、私とマンツーマンで(厳しいですよ!)行います。

まず、ポストイットをたくさん用意します。大きさはちょっと大きめのもの。
50mm×75mmのものが使い易いです。

そして、メンバーもしくは経営者で、今の会社の問題点をそのポストイットに書き出します。
だーっと書き出します。何でもいいので書き出します。
とにかく書き出す、書き出す。

書き出すときに注意することは2点です。

・単語だけはダメ。
・長い文章はダメ。

×「寒い」「長い」「やる気」「パソコン」「あいさつ」
×「前から職場に暖房施設がなくて、みんな寒そうに仕事をしていて困っている」

○「職場が寒い」「朝礼が長い」「新規を取る際にやる気がない」

こんな感じです。
誰だ見てもパッとすぐに分かるようなものにすることがポイントです。
(伝える研修にもなったりします)

一人100枚を目指して書きだしましょう。2時間ぐらいかけてOKです。
複数メンバーのプロジェクトでやっているときは、誰が一番多く書き出せるか、
競ってみたりします。

問題意識が高い社員は、会社にとって貢献できる社員なのですから。
(不満で終わらせないように)

そして、書き出したポストイットを、いくつかのカテゴリーに分けて行きます。
このカテゴリーは、最初から用意したものではなく、
書き出されたポストイットを見ながら決めて行きます。

「職場環境」「対お客様」「対取引先」「設備類」「コミュニケーション」・・・。
いろいろ出てくることでしょう。

ポストイットを、大きな模造紙にカテゴリーごとに張り分け、そのカテゴリーの名称を決定します。

もちろん、このままだと問題を出しただけで終わってしまいます。
そこで次のステップへ進みます。

2:それを、問題→改善転換シートをつかい、改善へと考えを切り替える。
   (転換シートを使う)

ですね!

さて、次のステップ。
改善点へ転換します。大事ですね!

これをどうやって行っていくのか。

それは・・・次回に続きます。
(すみません、字数の都合です)

次回、お楽しみに!

 

------------------------------------------------------------------------
  【人事オススメ本】  ・『なぜか仕事がうまく行く人の習慣』ケリー・グリーソン
------------------------------------------------------------------------

新しく入ってくる社員、若手社員には会社の必読書としたい一冊です。

世界14カ国で出版されている第ベストセラーです。
通常版の書籍に加え、文庫版、ムック版など色々な形態でも出版されています。
良いビジネスマンになってもらうために、一度は社員に読んでもらいましょう。

この本に書いてある習慣を、社員が皆できるようになれば、
間違いなく生産性はあがりそうです。

第1章「すぐにやる!」
第2章「すぐに整理する」
第3章「機械的に行なう作業を決める」
第4章「すぐに計画する」
第5章「再確認と仕上げ」
第6章「すぐに正しくやる」
第7章「歩きまわりコミュニケーション」
第8章「すぐに整理をする」

と、いう章立てになっています。

10年前ぐらいに最初に出版された本ですが、
メールでのやりとりの内容なども入っており、
ビジネスマンの行動指針として、とてもよくまとめられています。

ぜひ、社員の必読書として、一人一冊。
会社で買って渡してしまってもよいでしょう。

弊オフィスの「ルールブック」のヒントも、ここから仕入れていたりします。

オススメです!

 

------------------------------------------------------------------------
  【近況報告】 ・ルールブック対談CDが完成いたしました。
------------------------------------------------------------------------

最初にお伝えした、

「社員の行動を劇的に変化させる5つの方法」
~21件の実例に学ぶ、正しいルールブックの作り方~

というタイトルのCDが完成いたしました。

このCDは、成長戦略参謀室株式会社が発行する、
「経営者の盲点シリーズ」という一連のテーマのCDです。

その人事施策部門ということで、私が「ルールブック」を取り上げたというものです。

弊オフィスでも、こちらを販売する予定で枚数を確保しましたので、
その確保分の一部を、まずはいつもメールを読んで頂いてる方に提供させていただく
予定です。

部数に限りがありますので、先着順での無料提供にさせて頂く予定です。
(申し訳ありません、本当は声をかけてくださる方全員に聴いていただきたいのですが・・・)

2~3日後にご案内のメールをする予定です。
お見逃しなく!

 

------------------------------------------------------------------------
  ※ビジネス知っておかないとクイズの答え
------------------------------------------------------------------------

【Q】 埼玉県日高市にある従業員570名、売上高67億円という国内屈指の牧場、
     「株式会社埼玉畜種牧場」。通称農業のディズニーランド「サイボクハム」。
     この会社が、道路からすぐの玄関脇の一等地に、
     こだわりをもって設置している施設とは?

1:お墓
2:トイレ
3:社長宅

【A】    2:トイレ

トイレはその地域の文化、事業施設のシンボルであるというこだわりを持って、
一等地に、通りすがりの人でも利用できるようにと清潔で明るいトイレを設置しています。

実はこの「サイボクハム」、我が家から車で30分ぐらいのところにあり、
何回か家族で買い物に行ったことがあります。

商品の値段は比較的高いものが多いのですが、いつも大変な混雑でたくさん売れているようです。
ブランドの構築が成功した例ですね。
味ももちろん美味しいですよ!
大きなレストランもあります。

・・・ただ、牧場のかわいい子豚を見ながら食べるポークステーキという、
シチュエーションがなんとも複雑な気分で・・・。

 

人事マネジメントマガジン ★行動を増やせ。それが成功への王道★

最後までお読みいただきありがとうございました。

これからも経営者のために、役に立つ人事マネジメント情報を発信していきます。
見逃がすと損する?本音の情報で進んでいきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 人事労務コンサルティング オフィスネアルコ
■ 発行人:  代表 榎本 淳司(えのもと あつし)
■ オフィスネアルコWEBサイト:< http://nearco.jp/ >
■ ルールブックが会社を変える!:< http://rulebook.jp/ >
■ E-MAIL:< info@nearco.jp >
■ ツイッター:< http://twitter.com/OfficeNearco >
※ 社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
   ただし、無断転載は厳禁です。出所を必ず明記してください。
------------------------------------------------------------------
■広告や記事中でご紹介している商品・サービスに関してのトラブル等に
ついて当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
■購読・解除・アドレスの変更は、こちらからお願いいたします。
http://www.rulebook.jp/lp_rulebook/touroku.html
------------------------------------------------------------------
★榎本淳司のブログはこちら
  「オフィスネアルコの毎日がパフォーマンスマネジメント」
http://ameblo.jp/nearcoblog/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

行動を増やせメルマガバックナンバー

  • 行動を増やせメールマガジン
    お名前
    Mail
    ルールブック紹介ムービー


  • パフォーマンス・ルールブックとは?
  • パフォーマンス・ルールブックに盛り込む内容
  • パフォーマンス・ルールブックの活用方法
  • 就業規則の落とし穴とは?
  • 就業規則の真の役割とは?
  • パフォーマンス・ルールブック+就業規則で最大の効果

  • オフィスネアルコ概要
  • 社会保険労務士業
  • ご契約までの流れ
  • お問い合わせ
  • 人事労務コンサルティング・オフィスネアルコ
  • オフィスネアルコの毎日がパフォーマンスマネジメント